「安全・安心」 24時間365日の運転管理
株式会社エステム
Home  >  運転管理に関するサービス  >  実績事例(事例紹介)

【事例紹介  その1】

事例1

排水処理場の一括アウトソースをするA社様の場合

1  生産ライン管理と排水処理場管理の両立は厳しい

生産ラインへ人材を集中させたいので、排水処理場の管理は兼務している。生産の傍らで排水処理を行う割には業務内容が多く、ひとたびトラブルが発生すると肝心の生産ラインに手が回らないため、困っていた。

とくに季節物の商品を生産する時期には、排水処理が追いつかない一方で生産ラインも超多忙で、毎回排水基準を上回ってしまわないかヒヤヒヤしていた。

そんな時、排水処理場の管理を一括アウトソーシングできる会社としてエステムの存在を知った。

2  思い切って専門業者に任せる安心感と効率性

最初はアウトソースするよりも自社管理の方が支出を抑えられると思っていたが、専門業者の方が自分達で悪戦苦闘しながら長時間掛けるよりも対応がスピーディで、結果的に安くて安心だと気付いた。

3  ワンストップサービス

生産品目や量の変更で排水処理がうまくいかない時は水質分析を頼んだり、凝集剤等の薬品コストを減らしたい時のジャーテスト、脱水機のオーバーホールやポンプの交換など、あらゆる事柄をひとつの窓口で対応してもらっている。

メーカー系管理業者ではないので、様々な選択肢の中から最も費用対効果が大きいものを選定してくれる点も評価できる。一件一件を全て自分で業者選定から始めると膨大な時間を要し、それこそ生産ラインの仕事が全くできかった。

4  長い付き合いができる業者です

排水処理場の管理をアウトソースして、かれこれ20年。今では排水処理に関連した薬品や機器の業者が営業に来ると、「うちではなくてエステムへ営業に行ってもらえないか。」と言っている。専門業者としての目利きに頼った方が、自分で業者の相手をしながら調べるよりも確実で効率が良いからだ。

【事例紹介  その2】

事例2

排水基準オーバー等トラブル解決のB社様の場合

1  自治体からの改善命令が出てしまった!

増産による排水量増加、濃度上昇と気温の低下で排水基準をオーバーしてしまい、ついに自治体からの改善命令が出てしまった。(まさか放流水の抜き打ち検査があるとは思わなかった)改善しないと操業停止になると言うし、最近は主要取引先からの環境要求事項も厳しくなっており、すぐに改善しないと取引停止のリスクもある。慌てて様々な業者をインターネットで検索して連絡してみた。

2  他業者から、大規模工事案件のカモにされた

他の業者は、これはチャンスとばかりに設備の大規模改造工事ばかり提案してきた。エステムは、原因調査→管理面で改善できることはないか、設備改造が必要かを総合的に検証してから提案してくれて良心的だった。

3  トラブル時の対応が早い

エステムは管理の一環として水質分析の計量証明事業も行っており、分析結果をすぐにメンテナンスに反映してスピーディだった。

4  法規制や書類作成も相談できた

自治体からの指導に対する改善書を提出しなければならないが、どう書けばよいか分からなかった。エステムの担当者に相談したら、他社で対応した時の事例をもとに、該当法規制の内容も含めて丁寧に教えてくれた。自治体からの指導が出て驚き戸惑ったが、親身に相談にのる姿に感謝している。

【事例紹介  その3】

事例3

担当者育成の技術支援サービスをご利用のC社様の場合

1  自社管理できるよう技術者を育成したい

環境担当者として排水処理場の管理を任されることになった。前任者が定年するに伴い、引継ぎは十分に受けられなかった。以前に作られた手順書では日常点検はできても、生産変更やトラブル発生時の対応までは載っていない。薬品やポンプ、脱水機の専門業者が話す専門用語も意味不明。これでは排水基準値オーバーも時間の問題だと思えてきた。

2  排水処理講座に参加することから始めてみた

排水処理に係る法令や、技術面では基礎用語も分からず困っていたら、エステムの排水処理講座ダイレクトメールが届き、試しに参加した。もっとエステムから学びたいと思ったので、技術支援サービスを週に1回お願いしている。

3  自社だけのノウハウでは限界

例えば制御盤にタイマーを付けて必要な時間だけ運転する方法や、薬品の適正量計算、トラブル発生時の対応など、実務に役立つ事をOJTで学びながら、着実に技術者としてのスキルを伸ばしている。独学や自社のノウハウだけよりも、早くて確実だ。薬品の適正量は特に、水質が悪化しないか不安でなかなか試せない部分だ。

「こんなことができるんだ」と、感心するばかりである。

4  排水処理の用語も理解し、現場での点検やトラブル対応もできるようになった

排水処理場管理のスキルがだいぶ付いてきたので、トラブル発生時の処置や、業者からの提案内容も理解できるようになってきた。また、ここ数年は環境担当者としての自己研鑽のために、6月の環境フォーラムも聴講している。エステムのおかげで排水処理の仕事が面白くなってきた。

まずはお問合せください。

内容確認の後、当社担当者からご連絡いたします。